手すりの取り付けやガラス交換などの工事で住宅環境を良くする

費用と歴史

設置にかかる金額はどれくらいなのか

自宅内っていろんなところに段差がありますし、普通の人では困らないようなところでも高齢者などは転倒してしまう危険性があります。そんな危険を未然に防ぐために自宅内に手すりを取り付ける方が増えているのです。手すりの取り付けにはいったいどれくらいのお金がかかるのでしょうか。取り付け位置によっても異なりますが、一か所数万円かかる場合がほとんどであるようです。階段であると両側に取り付けるか片側だけにするか、また階段の形状によっても異なるのです。自宅内の階段や廊下、トイレなど主要な場所全てに取り付けようと思えば軽く数十万円が必要になります。しかし高齢者の場合、要介護状態である方の自宅を手すり設置のために改修するのであれば助成金が出ることもあるので、調べてみるといいかもしれません。

手すり取り付けの歴史とは

自宅内で安全に移動するために必要である手すりですが、その歴史はどんなものなのでしょうか。自宅内に手すりを設置しているご家庭はそう多くはありません。デザインを重視した住宅が多いのです。手すりを設置することで廊下や階段の幅が狭くなったり、トイレ内のスペースも狭くなってしまったりと考える方も多いようです。こういったことから最近では家を新築で建てる段階で手すりを取り付ける方も増えています。ちょっとした飾りがついていたりデザイン性のある手すりが販売されていますので、今後もあらかじめ設置する方は多いでしょう。高齢者向けの住宅改修でもここ十数年で誕生した制度ですが、この制度を利用して手すりを設置される方は多くいます。